関西の鉄道駅散歩 ~高槻駅周辺~

ふらり散歩

大阪北部の街、高槻市にはJR東海道線と阪急電鉄京都線の駅があります。大阪と京都の中間地点といえる場所で、JRは新快速が停車する駅ですし、特急はるか、特急サンダーバードも一部が停車します。

2016年には駅改良工事によりホーム数が増やされ、ホームドアも設置されている駅になっています。

今回は、JR高槻駅(JR-A38)周辺を早朝散歩した写真を掲載します。

Point Of View(POV)の動画も作成していますので、あわせてご覧下さい。

高槻駅ペデストリアンデッキ

ペデストリアンデッキという言葉をご存じの方も多いと思いますが、言葉の説明から。

ペデストリアンデッキは、高架型の歩道。一般に建物と接続して作られ、歩道のほかに広場の機能を併せ持つ場合も多く、道路の付属物である横断歩道橋とは区別される。

ペデストリアンは歩行者を意味する英語「pedestrian」をカタカナ転写したもの。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AD

ペデストリアンデッキという言葉は、個人的に大好きな響きと意味です。

高槻駅(JR-A38)には北口と南口が存在し、双方にペデストリアンデッキがつながっています。今回撮影したのは、南口です。

写真には写らないようにしましたが、朝6時前には既に行き来する人が多かったです。

JR高槻駅から阪急高槻市駅へ

両駅の間には繁華街が広がっています。通路の広い商店街も通っており、古くから大阪ー京都間の中間地点として栄えてきたことがうかがえます。

繁華街を離れて

繁華街から数分歩くと新旧入り交じった住宅地に変わります。

高槻駅の北側にあるJR京都線の陸橋を北へ渡ると、タワーマンションがいくつも立ち並んでいます。

おわりに

ペデストリアンデッキでは、ストリートスナップらしい写真をいくつか撮影できました(ガラスの反射や、前ボケなど)。

今回の撮影分で気に入った写真は、バスターミナルをペデストリアンデッキから撮影した写真です。

もう少し歩いて撮影できる範囲がありそうなので、また散歩に行きたいと考えています。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました